AWS のクラウドストレージ、データベースにフォーカスした無料カンファレンス開催!

  タイムテーブル

AWS Cloud Storage & DB Dayでは、国内著名企業による最新のストレージ、データベースソリューション事例セッション、および活用方法をご紹介するセッションを実施いたします。ご興味のあるセッションへぜひご参加ください。

※事前申し込みいただきましたお客様の登録セッションの確認、チケットの印刷方法、選択セッションの変更方法はこちらをご確認ください。
※各セッションタイトルをクリックすると、セッション概要をご覧いただけます。

※メディア・取材でのイベント参加を希望の方は、「AWS Cloud Storage & DB Day取材について」と明記の上、こちらからお申し込みをお願いいたします。
プレス専用席等のご案内を広報担当部門よりご案内させていただきます。


Time Business Tech by Amazon Tech by Customer
10:00-11:40 KEY-01

基調講演
Paul Duffy
Principal, Product Marketing,
Amazon Web Services, Inc.


Ben Masek
Chief Technology Officer & Senior Vice President,
Sony Media Cloud Services, LLC.


北島 昇
株式会社ガリバーインターナショナル 事業開発チーム

13:00-13:45 BZ-01

【満席】
クラウドファースト時代の
AWS活用事例と今後の展望

榎本 貴之

株式会社エイチ・アイ・エス
本社情報システム本部 基盤システムグループ インフラソリューションチーム
チームリーダー

TA-01

【満席】
AWSにおけるデータベース・サービスの活用

八木橋 徹平

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
エンタープライズ部 ソリューションアーキテクト

TC-01

数百万曲を抱える楽曲配信基盤のAWSへのマイグレーション過程における苦労とベストプラクティス

山川 清澄

株式会社レコチョク
事業システム推進部 担当部長

14:00-14:45 BZ-02

更なるすしテクノロジーの進化。Amazon Kinesisで取り組むM2M Kinesushiとは

田中 覚

株式会社あきんどスシロー
情報システム部 部長

TA-02

【満席】
AWSストレージ関連サービスの
正しい理解と使い方講座

小林 正人

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
エンタープライズ部 ソリューションアーキテクト

TC-02

【満席】
日経電子版におけるAWSと
その周辺サービスの活用事例

白銀 傑

株式会社日本経済新聞社
デジタル編成局 ウェブ開発部 兼 情報技術本部

15:00-15:45 BZ-03

【満席】
NTTドコモのデータ分析環境

森谷 優貴

株式会社NTTドコモ
サービス&ソリューション開発部 主査

TA-03

【満席】
IoTを支えるビックデータソリューション

榎並 利晃

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
エコシステム ソリューション部
パートナーソリューションアーキテクト

TC-03

クラウドで実現する大容量データ計算システム
~AWSを利用したEDA 環境の検証結果~

石河 淳

富士通VLSI株式会社
共通技術開発本部テクノロジ開発統括部EDA開発部 主任

松尾 康博

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト

16:00-16:45 BZ-04

データをクラウドに上げたらどうなった!?
E-JAWSパネルディスカッション

モデレーター

玉川 憲

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
技術本部長

パネリスト

森谷 優貴

株式会社NTTドコモ
サービス&ソリューション開発部 主査

月島 学

株式会社ガリバーインターナショナル
ITチーム

東 弘行

株式会社日本経済新聞社
デジタル編成局 編成部

TA-04

AWSおよびパートナーサービスを使った、
データの集約および活用設計パターン

荒木 靖宏

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
プリンシパルソリューションアーキテクト

TC-04

Lv1から始めるWebサービスのインフラ構築 
~行き詰まるのはいつもストレージの件~

伊藤 祐策

株式会社マイネット
アーキテクト

※スケジュールおよびプラグラム内容は予告なしに変更になる場合があります。